無料ブログはココログ

« 退院を前に | トップページ | いよいよ »

2012/04/26

退院当日

2012年4月26日木曜日。

退院の朝、龍は荷物をすっかり整え、母親を待っていた。

母親が病室に行くと、事務担当の看護師が来ていて、

龍は、やっと来た、というほっとした顔をした。

それはそうだろう。

目の前に高額の請求書が置かれていたのだから。

龍が目にしたこともないような額で、

母親にしても、とても払えないような、くらくらするような額だった。

医療費が高額になることは想定していたとはいえ、

予想額をほぼ30万円も上回っていた。

特定疾患の恩恵を受けられる予定だが、そのままだと一時的に払うのも厳しい。

そのために市役所で、健康保険の限度額の用紙をもらった。

ちゃんと先に出しておけば、そんな請求書が出ることはなかったのだが、

両親も制度をよく知らなかったのでぎりぎりになってしまったのだ。

もういちど訂正した請求書を出してくれるというので、

それを待っている間に、病棟の看護師からも退院の許可が出て、

約3週間つけっぱなしだったリストバンドを切ってもらった。

龍が記念に持っていきたいというと、看護師は、

持っていってもいいけれど、バーコードの部分だけは、、

いろいろな個人情報が読みとれるので、

廃棄しなければいけないという。

代わりに、ベッドの上に貼ってあった、

龍の名前や担当者の書かれた紙をもらってきた。

訂正された請求書は、だいたい思ったとおりの額で、

母親は、ほっとしたが、

龍は、それでも目の玉の飛び出るような金額に感じたようだ。

差額ベッド恐るべしである。

お金持ちの親戚が、「差額ベッドの病室に入るくらいなら、廊下に寝る」

と言い張ったという笑い話も笑えない。

請求書を受け取ると、

エレベータホールまで、事務の看護師さんが見送ってくれた。

「元気になってちゃんと親孝行するのよ」

「胸はってしっかり顔を上げて、がんばるのよ」

そんな言葉をかけてくれた。

そして、1階に下りて会計をすませて病院をあとにした。

« 退院を前に | トップページ | いよいよ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1649493/45036426

この記事へのトラックバック一覧です: 退院当日:

« 退院を前に | トップページ | いよいよ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント