無料ブログはココログ

« 本日入院 | トップページ | 謎 »

2012/04/05

手術前日

2012年4月5日。

いよいよ手術前日。

麻酔科医の説明、手術室ナースの説明、

ICUナースの説明、執刀医の説明、すべて完了。

渡されたDVDを見ると、大きく切開することのない鼻の穴からのエントリーとはいえ、

やっぱり大変な手術だとわかる。

明日は、早朝から両親と鴉の三人で病院に行く予定。

ところで、入院してからの龍の様子だが、

先日の入院が良い練習台になったのか、

今回のMR検査は、騒ぐことなく平然と受けることができたようだ。

飲んだ量と尿の量の記録も手慣れた感じで書きつけていた。

さすがに、緊張してナーバスになっているようだったが、

食事はしっかり平らげ、

入院してから滞っていた、出すほうも、

手術に備えて、しっかり出せたという。

怖がって幼い様子を見せてくれたほうが安心するのに・・・

というのは、母親の勝手な思いであって、

しっかり落ち着いて受け止めていることは歓迎すべきことなのだが、

不安に耐えてがんばっている様子が逆に、いじらしくて、かわいそうで、

つい感傷的になる。

Y医師による説明のなかで、ほぼはっきりしたのは、

下垂体の機能が回復する見込みはほとんどないということ。

それは最初から覚悟していたことだったのだが、

なぜ回復しないのか、という疑問にも答えてもらった。

それから、視力については、90パーセントの例で回復が見られるそうだ。

それは明るい材料だといえる。

しかし、なんと多くのリスクがあり得ることよ。

龍は、たくさんの同意書にサインしなければならない。

そのうちのいくつかには、父親もサインする。

手続き上の問題にすぎないとはいえ、

不可抗力の最悪の事態もありえるかもしれないという書類に、

本人が同意のサインをするという、そんな経験をさせることが、

母親はせつなくてならない。

とにかく賽は投げられたわけで、あとは、

天に、運に、そして執刀医の腕に任せるしかない。

« 本日入院 | トップページ | 謎 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1649493/44768431

この記事へのトラックバック一覧です: 手術前日:

« 本日入院 | トップページ | 謎 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント